【1】運用方法の基本

5.FXでの複利運用

サイトマップ【1】運用方法の基本マップ

複利運用とは

 元本に金利を足して、それを元本としてさらに運用していく方法です。

 たとえば
 元本100万円を年率10%で、1年ごとの複利運用をおこなうと、次のようになります。

 1年後 100万円と利息10万円(合計110万円)
 2年後 110万円と利息11万円(合計121万円)
 3年後 121万円と利息12.1万円(合計133.1万円)
 …
 10年後 235.79万円と利息23.5万円(合計259.37万円)
 15年後 379.74万円と利息37.97万円(合計417.72万円)
 20年後 611.59万円と利息61.15万円(合計672.74万円)

 100万円が、20年後には、672万円以上になります。

 これをFXで行うにはどうすればいいのか、ということを説明します。


FXの複利運用

 100万円の元本を、年率10%で、FX運用するとどうなるでしょうか。

 まず年率10%を得るには、2通りの方法があります。
   @スワップ金利のみで得る方法
   Aスワップ金利と為替差益で得る方法
   ※これらについては、「1.FX外国為替証拠金取引の使い方の基本
    「2.超長期投資法(FX運用方法1)」「3.目標値設定投資法(FX運用方法2)」をご覧下さい。

 @Aどちらでも、基本は同じです。

 年率10%を得られるように、ポジションを建てます。

 スワップ金利が、年間10万円を得られるようにすればいいわけです。

 たとえば、ポンド/円、1万通貨の買いポジションで、年間スワップ金利益約10万円得られるとします。

 その場合、元本100万円で、1万ポンド買えばいいわけです。

 つまり、この割合で、ずっと買い続ければいいわけです。

 この割合とは 100万円につき、1万ポンド10万円で、1000ポンドでもいいわけです。

 ※1000単位で取引できる業者は「複利運用1千通貨単位FX口座」をご覧下さい。

年数 運用資金 ポジション累計 年間スワップ金利益 合計資産
1年目 100万円 1万ポンド 10万円 110万円
2年目 110万円 1.1万ポンド 11万円 121万円
3年目 121万円 1.2万ポンド 12万円 133万円
4年目 133万円 1.3万ポンド 13万円 149万円
5年目 149万円 1.5万ポンド 15万円 164万円
6年目 164万円 1.6万ポンド 16万円 180万円
7年目 180万円 1.8万ポンド 18万円 198万円
8年目 198万円 2.0万ポンド 20万円 218万円
9年目 218万円 2.2万ポンド 22万円 240万円
10年目 240万円 2.4万ポンド 24万円 264万円
11年目 264万円 2.6万ポンド 26万円 290万円
12年目 290万円 2.9万ポンド 29万円 319万円
13年目 319万円 3.2万ポンド 32万円 351万円
14年目 351万円 3.5万ポンド 35万円 386万円
15年目 386万円 3.8万ポンド 38万円 424万円

 上記の表の様なイメージで、運用資金が増える度に、ポジションを増やしていけばいいわけです。

 (何度もいいますが、スワップ金利はこの金利で固定されているわけではありません。)
 (通貨ペアの国の金利動向によって、増減します。)


複利運用の注意点

 複利運用では、スワップ金利や為替差益で増えた資金を使って、新たなポジションを増やしていきます。

 よって、スワップ金利益などの資産上乗せ効果(担保力アップ)が得られません。

 この「上乗せ効果」とは、スワップ金利などで、利益がえられれば、資産がふえて、ロスカットされにくくなります。

 そのロスカットされにくくなる効果を「上乗せ効果」と呼んでいます。

 よって、ロスカットには気を配る必要があり、資金には余裕を持たせたほうがよいでしょう。


積立&複利

 先ほどの複利表では、元本のみの複利運用を示しましたが、これに積立金を加えるともっと、「嬉しい悲鳴」状態になります。(*^^)v

年数 運用資金 ポジション累計 年間スワップ金利益 積立毎月2万円 合計資産 元本合計
1年目 100万円 1万ポンド 10万円 24万円 134万円 436万円
2年目 134万円 1.3万ポンド 13万円 24万円 171万円
3年目 171万円 1.7万ポンド 17万円 24万円 212万円
4年目 212万円 2.1万ポンド 21万円 24万円 257万円
5年目 257万円 2.5万ポンド 25万円 24万円 316万円
6年目 316万円 3.1万ポンド 31万円 24万円 371万円
7年目 371万円 3.7万ポンド 37万円 24万円 432万円
8年目 432万円 4.3万ポンド 43万円 24万円 499万円
9年目 499万円 5万ポンド 50万円 24万円 573万円
10年目 573万円 5.7万ポンド 57万円 24万円 644万円
11年目 644万円 6.4万ポンド 64万円 24万円 732万円
12年目 732万円 7.3万ポンド 73万円 24万円 829万円
13年目 829万円 8.3万ポンド 83万円 24万円 936万円
14年目 936万円 9.3万ポンド 93万円 24万円 1053万円
15年目 1053万円 10.5万ポンド 105万円 なし 1158万円

 15年目には、年間の運用利益が、100万円を超えます。

 しかも、元本は、たった436万円。
 436万円が、毎年100万円を生みだし続けることになります。(*^^)v

 しかも、この表は、年末に1回だけポジションを増やすという方法でした。

 ですが「10万円貯まったら、すぐに1000ポンド買う」という方法が可能で、もちろん、その方が運用効率は上がります。



【0】概要と意義

【1】運用方法の基本

【2】FX口座比較と初心者の始め方 

【3】通貨ペアと各通貨

【4】通貨分散

【5】経済の基本原則

【6】資産運用としてのFX(外国為替証拠金取引)

【7】想定外の対応

   1.想定外の状況とは


トップページへもどる→ 初心者のFX外国為替証拠金取引

相互リンク募集中→ 相互リンク

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

複利運用 効率よく複利運用 複利で増やす FX口座によっては複利運用に差がつく


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.