【1】運用方法の基本 > 5.FXでの複利運用

5-1.FX複利運用の問題点

サイトマップ【1】運用方法の基本マップ

複利運用とは

 複利運用とは、元本に、金利を足して、運用していく方法です。

 資産運用では、基本知識ですので、知っておられるでしょう。

 FXでは、運用率10%で複利可能(2009.1現在の金利)。

 しかも、1年間待ってから、金利を受け取るわけではありません。
 毎日、すこしづつ、金利(スワップ金利)が貰えます。

 よって、貯まった時点で、新しいポジションを建ていくことができます。


複利運用での新しいポジションの建て方

 銀行預金の場合
 100万円預金して、1年後、利息が1万円だったとします。
 すると、101万円が翌年の元本となり、複利運用されます。

 FXの場合
 100万円で、10万ランド(ランド:南アフリカの通貨)で運用したとすると、1年後10万円スワップ金利が貰えます。

 ランド円は、10万円で1万ランド買えば、年率10%(2009年1月スワップ金利)程度になります。

 で、1年たてば、10万円のスワップ金利が得られるので、ここで、新たに1万ランド買う事が出来ます。

 こうやって、10万円貯まったら、1万ランド買い増していくことで複利運用ができます。

 10万円貯まるまでは、新しいポジションを建ててはいけません。

 レバレッジ1倍程度での運用になります。もし、2倍で運用したいという場合、5万円貯まったら1万ランド買い増していくことになります。

 つまり、レバレッジが危険にならないように、自分で管理しながら複利運用しなくてはなりません。


複利運用は長期投資だが…

 複利運用は、長期投資になります。

 5年、10年、20年という、気の長い投資になります。

 そして、長期間になればなるほど、複利効果が効いて来ます。

 問題は、スワップ金利が、長期間、魅力的な金利水準を維持できるか、という点です。

 これは、だれも明確な事はわかりません。

 長期間、高金利かもしれなし、来年には、金利差逆転で支払になってしまうかもしれません。

 スワップ派の人たちは、スワップ金利は、支払にはならない、と考えています。(全員がそうだとはいえませんが)

 支払にならない理由は、政策金利が10%以上もある国と、日本(0.1%)の金利差が逆転することは、想像しにくいということです。

 しかも、日本は円安であることが望ましいと考えれます。金利が他国より高くなることは円高要因の一つです。

 米国が、0.25%の政策金利にしたとき、日本は、0.3%でした。金利差が逆転したのです。
 日銀は、数日後の、政策会合で0.1%に金利を引き下げました。(2009.1現在)

 円高がすすまないように、米国より、金利を下げておきたいという考えが影響したことは確かでしょう。

 まあ、いろいろな考えが、ありますが、スワップ金利は、永久に高金利ではなく、変動するのだ、ということを理解しておきましょう。



元のページ【5.FXでの複利運用

複利運用 スワップで複利運用するルールを決める

トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【1】運用方法の基本

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

複利運用 効率よく複利運用 複利で増やす FX口座によっては複利運用に差がつく


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.