【1】運用方法の基 > 1.FX外国為替証拠金取引の使い方の基本

1-1.為替差損益

サイトマップ【1】運用方法の基本マップ

為替差損益とは

 為替差損益とは、為替レートが変動する事による差額の損益。


スワップ派は邪道。為替差損益を狙いが正統派?

 為替相場は為替差損益を狙う事が本当の投資だ、という意見は多く、投資家の過半数はそれに賛成するでしょう。

 いわゆる「スワップ派」は邪道だというわけです。

 スワップ金利で得られる利益は、相場の変動により、あっという間にひっくり返されます。

 しかも、スワップ金利は、受取から支払に逆転してしまうこともあるのです。

 その点を考えれば、損切りをキチンと行い含み損を貯めないようにすることも重要なことだと思われます。
 (スワップ派は含み損は気にしない)


為替差損益は、トレンドの転換点の見極めが重要

 為替差損益を得るには、トレンドに沿ってポジションを建てることが基本。

 月足や週足チャートで、現在のトレンドを把握しておくことから始まります。

 チャートが右肩上がりなら、円安トレンドで、買いポジションを。
 右肩下がりなら、円高トレンドで、売りポジションを建てることになります。

 問題は、いつトレンドが転換するのか?

 これを正確に読める人は、ほとんどいません。

 トレンドが変わったかな〜、としばらく様子を見なくては判断できません。

 チャート分析には、「だまし」と呼ばれる現象があるからです。

 で、結局いつまで様子を見なくてはならないのかといえば、それは分かりません。

 そこが、投資家として、利益をあげられるかの境目になります。


スワップ派の為替差損益

 スワップ派は、為替相場を「円安への保険」と考えます。

 日本人にとって、円安がリスクなのです。

 円安では、物価が上がりやすくインフレ傾向があります。それへの対策です。
 外貨を保有しておくことで、円安になっても安心です。

 また円高でも資産全体では損しないようにポートフォリオを組みましょう。
 比率としては、円貨50%外貨50%で、半分づつにしておけば大丈夫です。


数年に一度の為替差損益

 為替差損益のみを追求するのは、かなり疲れます。しかも上手く利益が得られるとは限りません。

 しかし、月足や週足をみると、為替相場には周期があります。6年周期で、円安トレンドから円高トレンドが終ります。そして次の新しい円安トレンドが始まります。

 サブプライムショック(2009年1月現在)で、円高が進んでいる昨今、トレンドが変われば、しばらくは円安トレンドになります。

 デイトレードで為替差損益を考えていくよりも
 大きなトレンドを把握しておく方が、安全に資産を増やすことにつながると思われます。


元のページ【1.FX外国為替証拠金取引の使い方の基本



トップページ【初心者のFX外国為替証拠金取引】 相互リンク募集中【相互リンク

【1】運用方法の基本

スワップ金利で運用する方法を知りたい→ 年利20%の資産運用-スワップ金利で皮算用

信用リスクの低い安心できるFX業者を知りたい→ FX口座(FX業者)比較

為替差損益 FX外貨戦略C 為替差損を気にしない


当サイトは、私が調べたり体験したりしたことを好き勝手に述べているだけです。投資の損益の責任は、投資家本人に帰属します。当サイトでは一切責任を負いません。

Copyright (C) 初心者のFX外国為替証拠金取引, All rights reserved.